メルカリで商品を売る時には「写真」は大切な要素

商品の紹介文、価格設定にくわえて、最も大切と言っても過言ではないのが出品時に掲載する「写真」です。

なぜなら、実物を見て買うことができないネット上でのフリーマーケットにおいては、写真が唯一のビジュアル情報になるからです。

特にすきま時間などで手軽に買い物をしようとしている買い手にとっては、商品をまず目で見て、直感的に心がひかれるか否かを一瞬で判断しているとも言えます。

そうなると、適当に撮った暗い場所での写真や、床や壁が汚れていたり部屋が散らかっている背景の商品の写真では、買い手の購買欲を惹きつけるのは難しいでしょう。

できるだけ好印象を持ってもらえるように工夫して、わかりやすく清潔で誠実な印象を与える写真を撮るようにしたいものです。

商品を魅力的に撮るためには丁寧さが必要

メルカリで出品時に写真を掲載する際は、メルカリ起動上のカメラで撮るか、スマートフォン端末などで撮っておいた画像から写真を選択することになります。

どちらも写真をメルカリに載せるという意味では同じではありますが、スマホであらかじめ撮っておくほうができるだけ多く、その中からいい写真を選ぶことができるので、後者の方法で写真を用意しておくのをおすすめします。

使用される写真は正方形ですので、撮影時の設定から正方形にしておきましょう。

次は商品に合わせた撮影場所を、机や床、布、壁などから選定します。

背景の色は清潔感のある白色が基本です。

ただし、商品が白いものの場合は商品が際立つような黒などの方が目をひきますし、売りたいものの色や雰囲気に合うような背景や撮影場所が選べると、センス良く見えて商品も映えることでしょう。

室内での撮影において、商品は暗く写りがちになるので、できるだけ昼間の日の光が入る場所と時間に、商品やロゴなどがはっきり見えるよう、またきれいに整えた状態で撮影しましょう。

撮るのは商品の「全体」、「ロゴやブランド名など」、「傷や気になるところ」といった、買い手が「見たい」と考える場所を想像しながら複数枚撮りましょう

パソコンやカメラなどの電子機器を売りたい場合は、商品の型番や規格などもわかるように撮っておいてください。

特に電子機器は、見た目には違いがわかりにくいものも多くありますが、型番によって新しいものであるか旧式のものであるかなどが判断できますので、買い手も商品を正しく把握して購入するかどうか決断するのに役立ちます。

また、スマホで撮影しているとたまに輪郭がぼやけた写真が撮れてしまうことがありますが、商品がはっきり見えないピントの合ってない写真は購入者にとっては不安要素になるので、撮影時に商品にきちんとピントが合っているかも気を付けてくださいね。