メルカリと買取どちらがお得?比較してみた

いま話題のフリマアプリ「メルカリ」とは?

インターネットの急速な成長・発展により、ネット上での商品の売買やオークションを行うことが以前よりとても身近になってきました。

特に最近では、スマートフォンやタブレットの普及に伴い、それらのデバイスで写真を撮って、手元で簡単に始められるフリマアプリが若年層の間で頻繁に活用されています。

フリマ、つまりフリーマーケットは、売り手が価格を決めて販売し、買い手は基本その値段で買うというシンプルな売買方法のことで、現在も自治体や民間団体が主催して大きな公園などで開催されています。

それを実際の現場ではなくオンライン上で行うことができるので、自分の好きな時に好きな場所で行えるのが大きな利点です。

また、欲しいものを定価以下で買ったり、自分の家にある不要なものを売ったりすることができるフリマアプリは、節約やお小遣い稼ぎ、部屋の整理整頓にもなるという点でも注目されています。

数多く存在しているフリマアプリの中でも現在トップシェアを誇っている「メルカリ」は、「3分で簡単に売り買いができる」という手軽さとシンプルな仕組み、決済代行によって安心して取引ができるという点で支持されています。

今回はそんなメルカリについて「興味はありながらもまだ使ったことがない」という方にメルカリについて詳しくご紹介したいと思います。

メルカリはたくさんの商品の中から売り買いが「手軽に」できるのが特徴

メルカリはシンプルに売り買いができるだけでなく、金銭のやりとりはメルカリが仲介していて、商品が届いてから出品者に振り込まれるようになっているので安心して利用できます。

自分が買いたい商品の支払い方法も、クレジットカード、ポイント、自分が売ったものの売上金からと多彩です。

気になる利用料についてですが、会員登録料・月会費・カード手数料などはかかりません

購入時においては支払方法がコンビニ・ATM・キャリア決済の場合は手数料が100円かかりますが、クレジットカードでの支払いなら無料です。

また、自分が出品者として商品を売りに出すときは無料で、実際に売れた時に売上代金の10%が販売手数料としてかかるようになっています。

販売した売上代金を引き出す際も、10,000円以下の場合は210円かかりますが、それ以上であれば費用がかかりません。

メルカリで商品を買ってみましょう

まずは、メルカリのアプリをお使いのスマートフォンやタブレットにインストールして会員登録をするところからスタートしましょう。

会員登録はメールアドレス、Twitterアカウント、Facebookアカウントのいずれかをもっていれば行うができます。

その後の手順は以下の通りです。

1.アプリで自分の欲しい商品を選んで購入手続きへ進みましょう。

初めてで不安がある場合は、なるべく写真で商品の状態がわかりやすく、説明が詳細に記載されている、高価過ぎない出品物を選んでみてください。

クレジットカードで支払えば手数料もかからずその場で完了してしまうのでとても早くて簡単です。

2.後は商品が無事に届くのを待ちます。

不安や疑問がある場合には出品者へメッセージを送ることができます。

もしも出品者から連絡がなかった場合、購入のキャンセルが可能です。

「発送までの日数」から3日以上、出品者の最後のメッセージから3日以上経過するとキャンセル専用フォームが表示されるようになっていますので、そこからキャンセルしましょう。

万が一届いた商品が破損していたり偽物だったりしたなどのトラブルが発生した時は事務局がサポートしてくれます。

商品の不備、連絡が取れないなどといったケースが起きた場合は遠慮することなく事務局へ問い合わせましょう。

3.きちんと商品を受け取ったら、出品者へ受取連絡と評価を行って取引完了です。

メルカリで商品を売ってみましょう。

断捨離をして心も部屋もすっきりさせたいといった時や、ちょっとしたお小遣い稼ぎをしたいといった時には、自分の持っているものをメルカリに出品して売りに出してみてはいかがでしょうか。

メルカリでは衣料品や、漫画、化粧品等々たいていのものを出品することができます

ただし、ブランドバッグ等の模造品や非正規品、医薬品、その他危険物など禁止されているものもあるので、自分の出品したいものが微妙だなと感じたら禁止されていないかガイドをよく確認してみましょう。

出品時の大まかな流れは以下の通りです。

1.スマートフォンなどのカメラで商品を撮って、商品の詳細を記載し出品します。

2.商品が買いたい人の目に留まり売れます。

なかなか売れないという場合は、あきらめずに再出品してみましょう。

3.商品を梱包して発送し、購入者に発送したことを連絡しましょう。

4.商品が滞りなく届いたという連絡を受け取ったら、購入者を評価して取引を完了させましょう。

商品が売れた際の売上代金は、売上日から90日以内に振込申請を行うことよって現金として受け取ることができます。

メルカリをうまく使って節約・お小遣い稼ぎ・片付けに挑戦

利用者の多いメルカリを使用すれば、自分の欲しいものが定価より安く買えて節約できたり、掘り出し物に出会えたり、今の自分には必要でなくなったものを売ることができてお小遣いを手に入れることができます。

それだけでなく、例えば自分では着なくなった洋服なども、ただ捨てるのではなくだれかに着てもらえればエコにもなりますし、クローゼットの中も片付いてメリットがたくさんあります。

「今の自分にはあまり必要のないものだけど、もしかしたら売れるかも?」と思うものがあれば、ぜひ試しに出品してみましょう。

漫画やゲームもメルカリでお得に売れる?

メルカリを使うことでデメリットはあるの?

不要な物を手軽に売れるのがメルカリの大きなメリットですが、メルカリにはデメリットも当然存在します。

メルカリは様々な人が利用しているので、同じ商品を出品していると、自分が出した商品が埋もれてしまうことが多々あります。

メルカリでは実用書や専門書は売れやすいようですが、流行が過ぎ去った漫画や古いゲームなどはなかなか売れないのが現状です。

マイナージャンルはマニアが買い求めて高く売れると思いきや、意外にも購入者はみつかりにくいです。

特に10巻以下で完結している漫画などは、長編漫画や最新刊の単行本などに比べて売れない傾向があります。

購入者がいれば、希望の価格でいらない物を売れるメルカリは非常に便利ですが、買ってくれる人がいなければいつまで経ってもお金にはなりません。

売れない商品を何回も出品し直して時間を費やしている人もいますが、時間も手間も勿体ないので、売れない漫画・ゲームは違う買取方法を使って現金化した方が良いでしょう。

商品の内容によっては規制やペナルティも

メルカリでは、アダルト商品やR-18にあたる商品の販売は禁止されています。

当然漫画やゲームなどにも適用されるので、作品内容によってはペナルティを受けることになります。

ペナルティはメルカリの利用制限になりますが、軽いもので3時間、酷い場合は強制退会になるので十分に注意しましょう。

実際には18禁でない商品でも、恋愛系の漫画やゲームは運営が画像を見て判断し、規制されてしまうケースも多いです。

成人向け作品でなくても運営の勘違いによって商品取り消しやペナルティを与えられる可能性を考えると、少し利用しにくいように感じます。

全年齢対象の表記をしておく、という方法もありますが、表紙やケースが勘違いを招くようなデザインになっている場合は、関係なく規制されてしまう可能性もあります。

また、運営だけでなく利用者からの通報という形でペナルティを受けることもあるので要注意です。

メルカリ以外に手軽に商品を売る方法とは

メルカリなどのフリマアプリを利用する以外にも、不要な商品を売る方法はたくさんあります。

特に漫画やゲームなどは中古市場でも人気が高いので、ネットでも買取を行っている所は多いです。

特に、いらない商品をダンボールに詰めて送るだけで買い取って貰える“宅配買取サービス”は人気が高いです。

フリマやオークションのように、こちらから買取価格を指定することはできませんが、漫画買取のおすすめサイトにも説明があるように、ネットのみが窓口の宅配買取サービスは、ゲオやブックオフといった実店舗のように運営費・人件費がかからないのでその分のコストが節約できます。

その浮いた分のコストは漫画やゲームの買取価格に還元されるので、実店舗で売るよりも高く販売することが可能になります。

フリマアプリで高い値段をつけると人気のある漫画やゲームでも、他のユーザーとの価格競争もあるので、なかなか売れないことが多いです。

しかし、ネットの買取店を利用すれば他の人の価格競争を気にすることもない他、しっかり査定をしてその商品に見合った価格を店舗側が提示してくれます。

更に商品を高く売る為には漫画やゲームを専門にしている店舗に売るのが一番です。

特にレトロゲームなどはゲーム買取店の中でもレトロゲームを専門とする店舗に売ることが重要になります。

売りたいゲームによって使うお店を選ぶ必要があるので、利用できる店舗を探している方はゲームのおすすめ買取店舗を比較を参考にしてみてください。

フリマアプリを利用するより高く売れることも珍しくないので、高価買取を狙いたい方は利用してみましょう。